ペイジー(Pay-easy)の勧め

logo


ペイジー(Pay-easy)の勧め

FROM 個人のお客様のための佐々木健税理士事務所(東京 東久留米市)

 「税金・各種料金払い込み(Pay-easy:ペイジー)」とは、パソコンから税金・公共料金や携帯電話などの各種料金、ネットオークションの代金等を支払うことができるサービスです。

 国税の電子納税では、国税の納付手続を自宅やオフィスからインターネット経由などで電子的に行うことができます。従来のように金融機関の窓口まで出向く必要がないため、金融機関の場所や受付時間などの制約がなくなる、というメリットがあります。ただし、電子納税では、領収書は発行されませんので、領収書が必要な方は従来どおり、窓口に納付書を持参して納付を行ってください。

 国税の電子納税には、①ダイレクト納付、②登録方式のインターネットバンキング等による電子納税、③入力方式の登録方式のインターネットバンキング等による電子納税があります。

 ①ダイレクト納付とは、事前に税務署へ届出等をしておき、e-Taxを利用して電子申告等又は納付情報登録をした後に、届出をした預貯金口座からの振替により、簡単なクリック操作で即時又は期日を指定して電子納税を行う方法です。ダイレクト納付は電子証明書及びICカードリーダライタが必要になります。また、ダイレクト納付をご利用される日のおおむね1か月前までにダイレクト納付利用届出書を作成の上、納税地等を所轄する税務署へ持参又は送付してください。※ダイレクト納付利用届出書はこちらのリンクから。

 ②登録方式とは、e-Taxソフト等を使用して納付情報データを作成し、e-Taxに登録することにより、登録した納付情報に対応する納付区分番号を取得して電子納税を行う方式です。登録方式では、全税目の納税が可能です。また、本税に加えて、附帯税(加算税、延滞税等)についても、電子納税が可能です。また、電子証明書やICカードライタは不要ですが、その反面、手続きが煩雑です。

 ③入力方式とは、e-Taxに納付情報データの登録は行わず、登録方式の場合の納付区分番号に相当する番号としてご自身で納付目的コードを作成して電子納税を行う方式です。入力方式では、申告所得税、法人税、地方法人税、消費税及地方消費税、申告所得税及復興特別所得税、復興特別法人税の6税目の納付が行えます。入力方式の手順は、登録方式とほぼ同様ですが、事前に納付情報の登録を行っていないため、インターネットバンキング等を利用して納付指図をする際に、登録方式において使用する納付区分番号に対応する納付目的コード(税目番号、申告区分コード、元号コード、課税期間を組み合わせた番号)を利用者の方自身で作成して、納付金額と併せて入力していただく必要があります。この際、ペイジー(Pay-easy)を使用して納付していただくことになります。
 なお、入力方式での金融機関のシステムへの入力項目ですが、「収納機関番号」欄
には、収納機関番号(00200)、「納付番号」欄には、利用者識別番号、「確認番号」欄には、納税用確認番号、「納付区分」欄には納付目的コード、「金額」欄には、申告等により納付すべき金額を入力します。

 上記3つの方法のうち一番使い勝手が良いのは③入力方式のインターネットバンキング等による電子納税ではないでしょうか。③の入力方式は、①ダイレクト納付のように事前の届出や電子証明書及びICカードリーダライタは必要ありません。また、②の登録方式に比べると③の入力方式は手続き自体が簡単です。
 ③の入力方式に必要なのは、インターネットバンキングの契約と、利用者識別番号、納税用確認番号のみです。インターネットバンキングを契約されている方は、納付書を使用しての納付よりお勧めであると思います。なお、ペイジーはATMでも利用可能であるため、インターネットバンキングを契約していない場合でも金融機関のキャッシュカードがあればATMを利用しての納税は可能です。

 なお、毎年納付をされるような申告の方は、振替納税をご検討ください。また、手数料は別途かかりますが、今年からクレジットカードによる納付も開始されましたので、ご興味のある方はこちらの国税庁のHPをご覧ください。

◉ ペイジーが使える金融機関はこちらのリンクから。また、入力方式による納税手続きの詳細はこちらの国税庁のHPをご参照ください。

© KEN SASAKI Tax Accountant Office 2016  TEL 042-470-0272 まずはお気軽にご相談ください。